双極性障害の「寛解」について

自己チェックや診断などで双極性障害だと判明したら、主に投薬による治療を行います。

双極性障害に限らずですが、精神疾患は治療期間も長くすぐに良くなる人もいれば十年以上も治療をしている人もいます。

双極性障害の場合はどうでしょう?

【「完治」ではなく、「寛解」するという考え】

程度にもよりますが、一般的な病気や怪我をすれば、薬を飲んだり手術やリハビリを受けたりすれば「完治」という怪我や病気をする前の状態に戻ることができます。

ですが、双極性障害をはじめとした精神疾患は残念ながら「完治」という概念はありません。

それでは、一生治らないのか?と罹患した人は悲観しがちですが、一概にそうとはいえません。

精神疾患の世界では「完治」の代わりに「寛解」という言葉を使います。

寛解とは症状が出ず、安定している状態を指します。

完治と同じではないか?と受け取られがちですが、寛解は多少なりとも再発のリスクを伴います。

では一体どのくらいの期間症状が出なければ「寛解」なのかという定義があるのか?という問題ですが、明確には定められていないのが現状です。

チェック項目に当てはまるような激しい躁と抑うつの状態が数年出ておらず、医師が寛解とみなせばそれが寛解となりますが、定期的な経過観察は必要といえるでしょう。

【寛解を目指す治療方法】

双極性障害を発症したら、まずは症状をだんだん緩やかに抑えるように投薬治療を行います。

即効性はありませんので治療は長期化します。

その中で、生活のリズムを整えたり、休職や退職をしても日々と同じ生活リズムを守ることを心がけることが大切です。

また、症状が緩やかになってきたら、感情や行動に影響しないよう自分自身を「コントロール」できるよう心がけるようにしましょう。

カウンセリングなどもよい方法です。

【寛解までの期間】

寛解への期間は症状や人により異なります。

早い人は1年半ぐらいで寛解の状態になり、仕事に復帰することもできるぐらいです。

また、寛解の状態になってもある程度の期間は薬を飲み続ける必要があります。

双極性障害の再発率は驚くことに90%ととても高く、寛解したからといって急に断薬することはとても危険といえます。

少しずつ減薬していくことが賢明です。

また、寛解したからといって以前のように無理に仕事をこなしたり、自分を取り巻く環境が変わったりストレスが重なるとあっという間に元通りになってしまうことがあります。